購入する

商品説明

カステルノーの新たな試み、2009 年より始動したソレラシステムを用いて造られる新しいキュヴェは十数年の時を経てようやくファースト・エディションがリリースされました。
キュヴェ名のESはこのプロジェクトの発案者であるエリザベート・サルスレのイニシャルと、最初の収穫年でありソレラのベースとなった2009年の"9" 、前回のロットではオリジンとして9.0となっていたナンバーが、今回は2017年が加えられて「二度目の熟成」を経た9.1として新たにリリースされました。
通常は「瓶の中で熟成させる」ことを基本とするシャンパーニュにあってティラージュ前にタンクで長期間の熟成をさせるため、より「ワイン的なアプローチ」のシャンパーニュとも言えるでしょう。熟成にこだわるカステルノーの意欲作です。

__________

シャルドネ主体、ムニエ、ピノ・ノワール
ドザージュ:5 g/ℓ
タンク内熟成8年、瓶内熟成3年以上

__________

【生産者の説明】

Champagne Castelnau / シャンパーニュ カステルノー

世界中で「高品質なスパークリングワイン」が造られる現在、よりお金を払って敢えてシャンパーニュを飲む理由… カステルノーは「贅沢な時間の流れを堪能する」ことに答えを見出しました。

その歴史は遡ることおおよそ100年前。エペルネの前衛的な生産者たちはフランスの第一次世界大戦の将軍であるキュリエール・ド・カステルノー将軍に敬意を表して、新しいシャンパーニュブランドの立ち上げに着手しました。

1916年の創業後、2003年に CRVC(ランス・シャンパーニュ協同組合)の所有/直営となり、現在では750軒を超える加盟農家を抱え、150以上のクリュに広がる900haの葡萄畑を有しています。そのCRVCの現在のトップ・ブランドがカステルノーであり、そこにはテロワールに関する深い知識と情熱あふれるブドウ栽培者たちが多く存在し、唯一無二のカステルノーの品質を支えています。

2013年からシェフ・ド・カーヴ(醸造最高責任者)を務めたエリザベート・サルスレは一般的な大手資本のメゾンの常識からは大きく一線を画し、スタンダード・キュヴェで最低6年、ミレジムに 至っては10年超という長期瓶内熟成を経てリリースします。実験的なキュヴェも多く企画され、他の大手メゾンとは全く異なる「ゆったりとした時間軸」の中で新たな可能性を追求し続けており、彼女の才能は広く認められ、The Drinks Businessの“The Master Winemakers of the World 100”のうち、たった10人しかいない女性ワインメーカーの一人に選ばれました。なお、2021年からはサルスレと共に長年働いてきた、カリーヌ・バイユルに最高醸造責任者のバトンが渡り、新たなスタートをきっています。

__________

 

実店舗で在庫を共有しているため、ご注文のタイミングで在庫数にずれが生じご注文いただいた商品が売切れとなる場合がございます。

商品番号
WECA0404B
容量
750ml
ヴィンテージ
NV
ブドウ品種
Chardonnay, Pinot Noir, Meunier
生産地
Champagne, France
生産者
Castelnau
スタイル
Sparkling wine,12.5%
在庫
3

NV シャンパーニュ カステルノー ソレラ オリジン ES-9.1

| /