購入する

商品説明

ベソアインは買いブドウでワインを造っているシリーズ。ブドウの栽培されているところまで自ら向かい、買うだけではなく栽培のアドバイスもしながら最良の葡萄を購入してワインを造っています。

チリ中部、内陸の都市ロス・アンヘルス南部・ムルチェンにある単一畑の葡萄を手摘みで収穫。ミネラル分が豊富な火山が由来の赤粘土土壌。畑とセラーで2回の選果を行う。密閉した環境下でプヌマティック・プレス、小さめのステンレスタンクに入れて発酵、MLF以降はフランス産の樽で行う。残糖度9.2g/L、総酸度7.5g/L。黄緑色で、白桃やレモンの香りが際立ちます。パイナップル、カモミールの香味が長く続く酸味と絶妙なバランス。奥様がドイツ人でドイツで長い間働いていた当主ミゲルがもっとも情熱を持っている白品種がリースリング。チリに戻ってからもリースリングがどうしても造りたいと買いブドウで実現させ、チリの葡萄をドイツのスタイルで醸造。

__________

リースリング
__________

【生産者の説明】

Besoain Wines / ベソアイン・ワインズ
ブルゴーニュ大学で醸造学を修めたチリ人のミゲル・ベソアインは、その後の10年間をフランス各地およびドイツ・ファルツの各ワイナリーでワインメーカーとして働いた。ミゲルの伴侶であるアレクサンドラは、ドイツ系のニュージーランド人で、ドイツでパートナーとなった2人は、2010年に自分たちのワイナリーを構えるという夢を実現するため、ミゲルの故郷であるチリに移住した。ミゲルの父が1989年に植樹した自社畑のあるマイポ・ヴァレーにワイナリーを構え、数年間ガレージワインを産み出していたが、ほぼ同時期の2011年に家族ぐるみでチリに移住した日本人醸造家・和田恒多とやがて縁を持ち、一緒にワインを造るようになった。マイポ・アンデスのロス・モロス地区にある自社畑は、標高650mでマイポ川の南東側のほとりになるテラスに位置しており、アンデス山脈からマイポ川を吹き下る風が畑の健全性を保ち、農薬の使用を全く必要としない。当主ミゲルは先ず”アルト・マイポ”のテロワールを如実に映し出したワインを理想と考えている。また毎年マイポを含むセントラルヴァレーを中心にベストと考える単一畑の葡萄を買い付け、手摘みされた高品質な葡萄のみを用い、丁寧な醸造でテロワールが反映したワインを造っている。

__________

 

※実店舗で在庫を共有しているため、ご注文のタイミングで在庫数にずれが生じご注文いただいた商品が売切れとなる場合がございます。

商品番号
WEBE0105B
容量
750ml
ヴィンテージ
2022
ブドウ品種
Riesling
生産地
, Chile
生産者
Besoain Wines
スタイル
White Wine
在庫
3

2022 ベソアイン リースリング ベソアイン ワインズ

| /